映画「なっちゃんはまだ新宿」あらすじ

この映画は、東京の街で生きる美少女なっちゃんとその友人の物語です。
まず主人公となるなっちゃんですがとても可愛らしく、しかし何かが欠けている性格をしています。
そのためその見た目に反して、生きることや日々に自分らしさやその感情を見出すことができずにいます。
そんなときに出会うのが友人となるそれからあきちゃん岡田という存在です。
そして主人公のあきちゃんは、この男子に恋をしていまいます。それから岡田の好きな人であったなっちゃんとそれから揺れ動く気持ち。
この映画は、3人が音楽や日常を通じて自分の本当に大切なものに気付いていくそんなメッセージのある映画です。
特に可愛らしさとあいまってその心に空虚さを抱えるなっちゃん、そして岡田、あきちゃんと
この映画の世界観やカルチャーを通じて伝わってきます。また主題歌は、どこかを遠く、掴めないようでいて光を感じさせます。
人生の時間や意味、自分の存在についても考えさせられる映画です。また女の子の持つ純粋さやその気持ち、
可愛いということについても改めて認識させられます。どこにでも誰にも教えられない感情の種類があるとしたら、
それを経験するのは、自分自身なのだと感じさせられます。そんな感情を若さや音楽、先の見えなさといった描写によって
伝えてくれる映画です。その感情が美しくもあり、奇跡のようにも見える。その若さや感情、生きることを
問われるような映画です。とても短いようですがそのテーマの中に物語や女の子、可愛さは詰まっています。
時々、女子やカルチャーと言ったことも思い出させてくれる映画です。

映画「なっちゃんはまだ新宿」感想

なっちゃんは、まだ東京ですが映画としてもカルチャーとしての完成度は、高い映画だと感じました。
この映画は、登場人物が主要の3人となっており、とてもシンプルです。しかしそのなかで描かれる日々や音楽、
恋などは、キラキラと輝いていて見えます。そしてのその輝きの中に若さや葛藤といった気持ちも繊細に揺れ動く
部分も描かれています。そのためその映画の中の主人公に引き込まれることやさらに共感する部分もあります。
特に何かを見つけたいのだけどそれが何かわからない、近くにある幸せといったことにも気付かせてかれます。
この映画は、切り口やジャンルなど問わず見られる映画と言えるでしょう。特にその映像や世界観に注目できる作品とも言えます。
また短く思えるのですが、そのメッセージは日々や人生に伝わるものがあります。特に音楽を通じて、また芸能やカルチャーと言った
切り口から若さや自分の存在を考えさせてくれる映画と言えます。特に若い世代の方に見ていただきたい映画と言えます。
その際に素直に思ったこと、感じたこと何かが残る映画と言えます。この映画は、映像の美しさを見たかったのですが、
その内容、世界観、音楽といったボリュームも感じさせる映画でした。